新型コロナウイルス感染症の影響に伴う
京都市文化芸術活動緊急奨励金のご案内

ENGLISH(英語ページ)

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、展覧会・公演等の文化芸術事業が中止・延期を余儀なくされており、文化芸術を支える関係者の活動に大きな影響が及んでいます。 発表・制作等の機会を失っている文化芸術関係者の活動を支援するため、新型コロナウイルス感染症拡大防止など、現下の情勢において 実施できる文化芸術活動を募集し、奨励金を交付しますのでお知らせします。

1 事業概要

(1) 目的

発表・制作等の機会を失っている文化芸術関係者の活動を支援するため、新型コロナウイルス感染症拡大防止など、現下の情勢 において実施できる文化芸術活動(企画・制作・実施・リサーチ等)を募集し、審査のうえ奨励金を交付するものです。

(2) 対象となる文化芸術分野

文化芸術基本法第8条から第12条に列挙された分野。

(3) 奨励対象者

以下の各号の全てに当てはまる個人又はグループ。なお,法人格を有するものを除く。

(4) 事業の実施期間

(5) 対象となる活動

(6) 採択件数

150件〜200件程度

(7) 奨励金

(8) 審査

提出された書類を基に学識経験者や文化芸術事業に精通した方で構成する審査会において,次の着眼点から審査を行い,奨励者を決定します。

@ 成果が広く市民に還元されるか。

A 現下の情勢に対応し,確実・適切に実施できる手法か(社会的距離を保つ取組、3密を回避するなど感染拡大防止、表現手法、収入向上、実現可能性 等)

B 成果が文化芸術の発展に寄与するか(活動の持続性、発展性等)

(9) 報告書の提出

奨励者は、奨励事業の実施期間が終了した日から30日以内に,活動結果報告書、決算収支報告書等を提出してください 。

(10) その他

特徴ある取組については、京都市による継続的な支援や京都芸術センター等関係機関のサポートを検討します。
また、ロームシアター京都では、緊急奨励金を活用した活動を対象に、一部施設を無料で利用可能とする活動支援を実施予定です。(詳細はこちら

2 応募方法

(1) 提出書類

(2) 提出期間

令和2年5月7日(木)から5月17日(日)まで

(3) 提出方法及び提出先

提出はオンライン又は郵送により行ってください。

○オンラインの場合

締切:令和2年5月17日(日)午後5時 ※受付は終了いたしました。

[申請手順]

【1】以下申請フォームにアクセスし必要事項に記入後、送信してください。

【2】完了通知メール(自動返信メール)の返信に、
  「これまでの活動実績が分かる書類(自由様式。写真,パンフレット等。A4サイズ3枚程度。)」を添付にて送信ください。

【3】申請後、別途アンケートフォームにも回答をお願い致します。
  (個人の方は個人用、団体や事業者の代表者でもある方は個人用・団体・事業者用の2種に回答が必要です)

○郵送の場合

締め切り:令和2年5月17日(日)消印有効
必要書類(交付申請書2種、アンケート用紙、これまでの活動実績が分かる書類)を以下まで郵送にて提出してください。
提出先  〒550-0013 大阪府大阪市西区新町1-16-1 大陽日酸新町ビル6F
     株式会社KNTビジネスクリエイト 西日本営業部(本奨励金事務局)
注意事項:表面に「京都市文化芸術活動緊急奨励金」と朱書きすること
≫交付申請書(第1号様式)・収支予算書(第2号様式)のダウンロードはこちら
≫京都の芸術家等の活動状況に関するアンケート(個人用)のダウンロードはこちら
≫京都の芸術家等の活動状況に関するアンケート(団体・事業所用)のダウンロードはこちら

(4) 注意事項

4 奨励金の交付について

奨励者については、5月末までに決定し、全ての申請者に結果を通知します。奨励金は、奨励決定後、速やかに交付します。(5月末〜6月上旬頃を予定)

なお,奨励者には申請した事業の終了後30日以内に,実績報告書及び収支決算書の提出を求めます。

ページの先頭へ戻る