人工透析海外旅行 2019

人工透析海外旅行のご案内

1.出発までの流れ

●提出書類等 予定

ご出発の2か月前頃

弊社 → お客様

旅行手続きに必要となる書類を送付します。

  • ①お客様記入書類 (海外旅行のためのお伺い書、誓約書等)
  • ②透析手続関連書類(透析情報・血液検査データ等)

ご出発の1か月半前頃

お客様 → 弊社

お客様自身で①の書類をご記入いただき、ご返送ください。

ご出発の1か月前頃

お客様 → 弊社

①の透析手続関連書類をご返送ください。
(血液検査は現地透析日より一か月前以内のデータが必要になります。事前に主治医の先生とご相談ください。)

弊社 → 現地病院

透析手続関連書類を現地病院に送付します。

検査結果によっては、現地病院より確認がある場合がございます。
その場合は弊社を通じてお客様にご連絡させていただきます。

2.現地の病院・透析について

ホテルから病院
タクシーまたは専用車でご案内します。添乗員と現地ガイドが同行します。
透析前準備(国によって異なる場合がございます。)
添乗員と一緒に受付をすませ、着替えなどの準備をしていいただきます。(更衣室がない場合もございます。)透析費用は添乗員がお預かりして、皆様の透析中にお支払いします。
体重や血圧測定を経て、透析を開始します。できるだけ日本での透析時間に合わせて、透析時間の長い方から開始します。
透析中
事前に病院に送付した透析情報に基づき、透析を行います。現地病院の医療スタッフとその日のドライウェイトを相談し、確認します。透析中の体の不調等あれば、遠慮なく添乗員までお知らせください。
透析後
その日の透析のデータと、還付手続きに必要な書類を添乗員よりお客様にお渡しします。
皆様の透析が終了後、タクシーまたは専用車にてホテルまでご案内します。

3.帰国後の手続き

ご旅行先でお支払いいただいた医療費用の一部は、現地でお渡しする「診療内容明細書・領収明細書」に、病院側が発行した領収書等、また申請先によっては支給申請書等をあわせて、各都道府県の社会保険事務所、または各市町村の国民健康保険の窓口へ帰国後2年以内に還付手続き申請をすれば、国内での医療保険での給付範囲で還付される制度があります。
お住まいの地域等によって異なる場合もありますので、詳細は最寄の自治体、社会保険事務所等へお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る